「1Q84」の名言集を紹介

「1Q84」の名言集

1Q84の名言集

1Q84

出版社:新潮社
単行本発売日:2009/5/29
単行本:BOOK1 554ページ、BOOK2 501ページ、BOOK3 602ページ

Book1 P.22:タクシーの運転手
「ひとつ覚えておいていただきたいのですが、ものごとは見かけと違います」

Book1 P.344:青豆
「でもね、メニューにせよ、ほかの何にせよ、私たちは自分で選んでいるような気になっているけど、実は何も選んでないのかもしれない。それは最初からあら かじめ決まっていることで、ただ選んでいるふりをしているだけかもしれない。自由意志なんて、ただの思い込みかもしれない。ときどきそう思うよ」

Book1 P.358
悪い予感というのは、良い予感よりずっと高い確率で的中する。

Book1 P.359:小松
「君は小説家になりたいんだろう。だったら想像しろ。見たこともないものを想像するのが作家の仕事じゃないか」

Book1 P.525:あゆみ
「あいつらはね、忘れることができる」
「でもこっちは忘れない」
「歴史上の大量虐殺と同じだよ」
「やった方は適当な理屈をつけて行為を合理化できるし、忘れてもしまえる。見たくないものから目を背けることもできる。でもやられた方は忘れられない。目 も背けられない。記憶は親から子へと受け継がれる。世界というのはね、青豆さん、ひとつの記憶とその反対側の記憶との果てしない闘いなんだよ」

Book1 P.530:タマル
「警察なんて何の役にも立たない。見当違いなところで見当違いなことをやって、話がますます面倒になるだけだ」

Book2 P.36:安田恭子
「私にはあなたの知らない過去がたくさんあるの。誰にも作り替えようのない過去がね」

Book2 P.44:牛河
「何か重要なものを創り上げるには、あるいは何か重要なものを見つけ出すには、時間がかかりますし、お金がかかります。もちろん時間とお金をかければ立派 なことが成し遂げられるというものじゃありません。しかしどちらも、あって邪魔にはなりません。とくに時間の総量は限られています。時計は今もちくたくと 時を刻んでいます。時はどんどん過ぎ去っています。チャンスは失われていきます。そしてお金があれば、それで時間を買うことができます。買おうと思えば、 自由だって買えます。時間と自由、それが人間にとってお金で買えるもっとも大事なものです」

Book2 P.75:タマル
「人間にとって死に際というのは大事なんだよ。生まれ方は選べないが、死に方は選べる」

Book2 P.181:天吾の父
「説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ」

Book2 P.230
目の前に為すべき仕事があれば、それを達成するために全力を尽くさないわけにはいかない。それが私という人間なのだ。

Book2 P.237:さきがけのリーダー
「神は与え、神は奪う。あなたが与えられたことを知らずとも、神は与えたことをしっかり覚えている。彼らは何も忘れない。与えられた才能をできるだけ大事に使うことだ」

Book2 P.497
このまま逃げ出すわけにはいかない。いつまでも怯えた子供のように、前にあるものごとから目を背けて生きていくことはできない。真実を知ることのみが、人に正しい力を与えてくれる。それがたとえどのような真実であれ。

Book3 P.48:青豆
「希望があるところには必ず試練があるものだから」

Book3 P.93
人は希望を与えられ、それを燃料とし、目的として人生を生きる。希望なしに人が生き続けることはできない。しかしそれはコイン投げと同じだ。表側が出るか 裏側が出るか、コインが落ちてくるまではわからない。そう考えると心が締めあげられる。身体中の骨という骨が軋んで悲鳴をあげるくらい強く。

Book3 P.101:NHKの集金人
「どれほどこっそり息を潜めていても、そのうちに誰かが必ずあなたを見つけ出します」

Book3 P.311
死ぬまではとにかく生きていくしかないわけだし、生きていくには俺なりのやり方で生きていくしかない。あまり褒められた類のものではないにせよ、それ以外に俺が生きていく方法はないのだから。

Book3 P.335:タマル
「プロというのは猟犬と同じだ。普通の人間には嗅ぎ取れない匂いを嗅ぎとり、普通の人間には聞こえない音を聞きとる。普通の人間と同じことを同じようにし ていたらプロにはなれない。たとえなれたとしてもあまり長生きはできない。だから注意した方がいい。あんたは注意深い人間だ。そのことは俺もよく知ってい る。しかし これまで以上によくよく注意をした方がいい。いちばん大事なものごとはパーセンテージでは決まらない」

Book3 P.475
私はたまたまここに運び込まれたのではない。
私はいるべくしてここにいるのだ。

Book3 P.483:安達クミ
「人が一人死ぬというのは、どんな事情があるにせよ大変なことなんだよ。この世界に穴がひとつぽっかり開いてしまうわけだから。それに対して私たちは正しく敬意を払わなくちゃならない。そうしないと穴はうまく塞がらなくなってしまう」

Book3 P.531
これからはこれまでとは違う。私はもうこれ以上誰の勝手な意思にも操られはしない。これから私は自分にとってのただひとつの原則、つまり私の意思に従って行動する。

Book3 P.594:青豆
天上のお方さま、あなたの御名がどこまでも清められ、あなたの王国が私たちにもたらされますように。私たちの多くの罪をお許しください。私たちのささやかな歩みにあなたの祝福をお与え下さい。アーメン。

アマゾンの詳細ページへ

 
ページトップへ