村上春樹研究所HOMEへ

村上春樹研究所 > 作品紹介 > 短編小説

村上春樹さんの短編小説作品を発売日順にご紹介!!

短編小説

女のいない男たち

女のいない男たち

出版社:文藝春秋

発売日:2014/4/18        単行本:285ページ

収録作品:『ドライブ・マイ・カー』、『イエスタデイ』、『独立器官』、『シェエラザード』、『木野』、『女のいない男たち』

東京奇譚集

東京奇譚集

出版社:新潮社

発売日:2005/9/15        単行本:210ページ

収録作品:『偶然の旅人』、『ハナレイ・ベイ』、『どこであれそれが見つかりそうな場所で』、『日々移動する腎臓のかたちをした石』、『品川猿』

東京奇譚集

神の子どもたちはみな踊る

出版社:新潮社

発売日:2000/02        単行本:201ページ

収録作品:『UFOが釧路に降りる』、『アイロンのある風景』、『神の子どもたちはみな踊る』、『タイランド』、『かえるくん、東京を救う』、『神の子どもたちはみな踊る』

レキシントンの幽霊

レキシントンの幽霊

出版社:文藝春秋

発売日:1996/11        単行本:309ページ

収録作品:『レキシントンの幽霊』、『緑色の獣』、『沈黙』、『氷男』、『トニー滝谷』、『七番目の男』、『めくらやなぎと、眠る女』

夜のくもざる

夜のくもざる

出版社:平凡社

発売日:1995/05        単行本:237ページ

収録作品:レストランの読書 / ブラームスとフランス料理 / シェービング・クリームの話 / 夏の闇 / 女子高校生の遅刻について / 財布の中の写真 / みんなで地図を描こう / ONE STEP DOWN / 洗面所の中の悪夢 / 時計はいかにして増加するか / トレーナー・シャツ雑感 / CASH ANDCARRY / UFOについての省察 / 猫の謎 / 哲学としてのオン・ザ・ロック / デパートの四季 / BUSY OFFICE / ニュースと時報 / 小確幸 / 葡萄 / 八月のクリスマス / ウォークマンのためのレクイエム / 「核の冬」的映画館 / 地下鉄銀座線における大猿の呪い / ランゲルハンス島の午後

夜のくもざる

TVピープル

TVピープル

出版社:文藝春秋

発売日:1990/01        単行本:185ページ

収録作品:『TVピープル』、『飛行機―あるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか』、『我らの時代のフォークロア―高度資本主義前史』、『加納クレタ』、『ゾンビ』、『眠り』

テレビピープル

ランゲルハンス鳥の午後

ランゲルハンス島の午後

出版社:光文社

発売日:1986/11        単行本:101ページ

収録作品:レストランの読書 / ブラームスとフランス料理 / シェービング・クリームの話 / 夏の闇 / 女子高校生の遅刻について / 財布の中の写真 / みんなで地図を描こう / ONE STEP DOWN / 洗面所の中の悪夢 / 時計はいかにして増加するか / トレーナー・シャツ雑感 / CASH ANDCARRY / UFOについての省察 / 猫の謎 / 哲学としてのオン・ザ・ロック / デパートの四季 / BUSY OFFICE / ニュースと時報 / 小確幸 / 葡萄 / 八月のクリスマス / ウォークマンのためのレクイエム / 「核の冬」的映画館 / 地下鉄銀座線における大猿の呪い / ランゲルハンス島の午後

 

ランゲルハンス鳥の午後

パン屋再襲撃

パン屋再襲撃

出版社:文芸春秋

発売日:1986/04(単行本)

収録作品:『パン屋再襲撃』 、『象の消滅』、『ファミリー・アフェア』、『双子と沈んだ大陸』、『ローマ帝国の崩壊・1881年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界』、『ねじまき鳥と火曜日の女たち』

回転木馬のデッドヒート

回転木馬のデッド・ヒート

出版社:講談社

発売日:1985/10        単行本:196ページ        第21回谷崎潤一郎賞受賞

収録作品:『はじめに・回転木馬のデッド・ヒート』、『レーダーホーゼン』、『タクシーに乗った男』、『プールサイド』、『今は亡き王女のための』、『嘔吐1979』、『雨やどり』、『野球場』、『ハンティング・ナイフ』

蛍・納屋を焼く

螢・納屋を焼く・その他の短編

出版社:新潮社

発売日:1984/07        単行本:177ページ

収録作品:『螢』、『納屋を焼く』、『踊る小人』、『めくらやなぎと眠る女』、『三つのドイツ幻想』
『蛍』は当初、完結した作品として書かれたが、後にこの作品を下敷きとして膨らませる形で『ノルウェイの森』が執筆された。

 

中国行きのスロウ・ボート

中国行きのスロウ・ボート

出版社:中央公論新社

発売日:1983/05        単行本:238ページ

収録作品:『中国行きのスロウ・ボート』、『貧乏な叔母さんの話』、『ニューヨーク炭鉱の悲劇』、『カンガルー通信』、『午後の最後の芝生』、『土の中の彼女の小さな犬』、『シドニーのグリーン・ストリート』

中国行きのスロウ・ボート

象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

出版社:CBS・ソニー出版

発売日:1983/01        単行本:120ページ

収録作品:『カティーサーク自身のための広告』、『クリスマス』、『ある種のコーヒーの飲み方について』、『ジョン・アプダイクを読むための最良の場所』、『FUN、FUN、FUN』、『万年筆』、『にしんの話(新版のみ)』、『スパゲティー工場の秘密』、『マイ・ネーム・イズ・アーチャー』、『A DAY in THE LIFE』、『双子町の双子まつり』、『マイ・スニーカー・ストーリー』、『鏡の中の夕焼け』、『サヴォイでストンプ』

象工場のハッピーエンド

ガンガルー日和

カンガルー日和

出版社:平凡社

発売日:1983/01        単行本:233ページ

収録作品:『カンガルー日和』、『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』、『眠い』、『タクシーに乗った吸血鬼』、『彼女の町と、彼女の緬羊』、『あしか祭り』、 『鏡』、『1963/1982年のイパネマ娘』、『バート・バカラックはお好き?』、『5月の海岸線』、 『駄目になった王国』、『32歳のデイトリッパー』、『とんがり焼の盛衰』、『チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏 』、『スパゲティーの年に』、『かいつぶり』、『サウスベイ・ストラット―ドゥービー・ブラザーズ「サウスベイ・ストラット」のためのBGM』、『図書館奇譚』

ガンガルー日和

夢であいましょう

夢で会いましょう

共著:糸井重里        出版社:CBS・ソニー出版

発売日:1981/11        単行本:232ページ

収録作品:アイゼンハワー / アスパラガス / アンチテーゼ / インタビュー / インディアン / エレベーター / オイル・サーディン / オニオン・スープ / カーマストラ / カツレツ / クールミント・ガム / グレープ・ドロップス / K / コーヒー / コーヒー・カップ / コンドル / サドン・デス / シーズン・オフ / シェービング・クリーム / シゲサト・イトイ / シャングリラ / ジャングル・ブック / スウィート・スー / スクイズ / スター・ウォーズ / ステレオ・タイプ / ストレート / タルカム・パウダー / チャーリー・マニエル / テント / ドーナツ / バー・トーク / ハイヒール / パン / ビール / ピンボール / フィリップ・マーロウ その1 / フィリップ・マーロウ その2 / ブラジャー / ブルー・スエード・シューズ / ブルーベリー・アイスクリーム / プレイボーイ・パーティー・ジョーク / マッチ / マット / モーツァルト / ヤクルト・スワローズ / ラーク / ラブレター / ラジオ / ワム!

夢で会いましょう

 
ページトップへ